烏龍茶ポリフェノール、イカキトサンが脂肪の吸収をセーブ

烏龍茶ポリフェノールは、他のお茶にはない烏龍茶特有のポリフェノールです。
カテキンも烏龍茶に含まれますが、カテキンと同じく抗酸化作用もあります。
抗酸化作用がありますので、活性酸素を抑制して動脈硬化を抑えたり、
新陳代謝を良くする効果があります。
血液中の悪玉コレステロール(LDL)を抑えたり、コレステルール量や、
中性脂肪を減少させる効果があります。

 

また脂肪を分解する酵素リパーゼを活性化させる効果がありますので、
中性脂肪を燃焼しやすい遊離脂肪酸に分解してきます。
身体を動かすことで燃焼されて行きます。

 

イカキトサンは、イカの軟骨に存在するベータ型のキトサンで、カニや
えびの殻にあるアルファ型キトサンに比べると大量に作れないので
貴重なキトサンです。
アルファ型キトサンよりも、人体の親和性も優れています。
またアルファキトサンは、カルシウムを含むことから便秘を
人によって引き起こしやすいそうですが、ベータキトサンはほとんど
含まれないので便秘の心配もないようです。

 

コレステロールをコントロールする能力があるので、高脂血症を
改善する効果も期待されています。
他にも血圧の上昇を抑制したり、コレステロール、中性脂肪を
減少させる効果があります。

 

 

二つともコレステロールや中性脂肪を減らし少なくさせる働きが
ありますので、脂肪を体内に吸収させることを減少させて
行きますので、ダイエットをサポートする効果があります。
これを摂取して運動をするとより効果的です。